坂木正寛創作

きわめて貴重なブログ

本当の力の時にDEFY Midnight女性は表します:“ただ1つ通を表してと食べる”

このごろの市場の女性の腕時計の種類は多いと言えます。単に外観から言って、それらの様式は、すべてきわめて美しい材質も選ぶでなければならなくありませんて、個がのを突くのは精巧で美しくて、美しいです。しかし、着いて実際につける時、貴金属は技術などを売り払って設計をさらに加えて、おしゃれな女性は必要として慎重でなければならなくて、とりわけ慎重で、ちょうど終える長い爪が使って殻(この点は私が深くて適切なことがある)を表しをそりをひどく恐れます。かつ設計の以外、性能の方面で、大部分の女性の表す防水性能の通常は30米左右、またこの平方寸をさせる時計算する格別の“ひ弱だ”。(事前に説明して、ここは私達は“大部分の女性の時計”に広く一般をさして、もしもメインスポーツのダイビング機能の女性表してまた(まだ)別に言うので、さすがに服装の方面から考慮して、女性が洋服の時間を着るのがもっと多いです)

カルティエは腕時計にもっと多い細部を与えます

腕時計のバンドのに話が及んで早く機能をはずして、事実上たくさんのブランドはすべて早く機能をはずしを出したと公言します。ここ数年は空手で自分で腕時計のバンドのを替えて早くシステムをはずして次第につける者をも受けて重視に増えることができます。既存のだんだん多くなるブランドは腕時計のバンドを早くシステムにはずして時計の設計の中に組み入れて、多い選択の中で、どうしてカルティエの腕時計のバンドが早く機能をはずすのが特に素晴らしいですか?


今多くのブランドがスプリングをそのまま用いて構造のこのような設計をつないで設計の中で表しがなおあります。そのメンズファッション通販長所は簡単な部品が少なくてで、しかしスプリングの構造は疲れやすいです。つける者は行って何度も腕時計のバンドを解体する後で、腕時計の中のスプリングは構造に鍵をかけて恐らくスプリングのモジュールが何度もを使うためだんだん効力を失います。

チュードルの1958ネイビーブルーの私の通勤の腕時計のは選びます

その前の2週間私はひとつのチュードルの青玉の湾の1958型の“ネイビーブルー”の腕時計を購入して、この近い3ヶ月について熱のチュードルをかなり備えて表して、それを殴って7月にちょうど発売する時私は関心を持ちを始めて、当日7月1日が私の発表したこの新聞原稿ため、政府の画像を見た時、その第1印象についてとても美しいで、その時少し“中毒”、それから私達のフォーラムの中でも多くの時計の友達のが買って宿題を表しを見て、この腕時計について見れば見るほどで、ついに困らせられないによってそれを手に入れます。この腕時計は潜水する腕時計の中で原版多い特色を踏襲して、もと39ミリメートルを保留して小道の大きさを表すようで、39ミリメートルの時計も直接たいへん私の買った1時(点)に文章の下で私がまた詳しく少し言いを引きつけるで、および側を表して大きくて冠と雪片の角の形のポインターのこの2つの特色の鮮明な設計を表します。次にみんなとこの1958ネイビーブルーの腕時計のが体験を買いに対して私をちょっと話します。

ブランパンの50噚Bathyscaphe黒い陶磁器の自身性能

今、各種のバージョンの50噚種で、43ミリメートルのBathyscapheは深く潜む器(型番の5000)だ鋼製車体と陶磁器の殻の型番、流通量が最大でで、プレーヤーの買ったのが最も多かったです。腕時計の配置の上から、私は潜む水道のメーターの中、豪華なの総合レベルの比較的強い腕時計だと思います。


専門の潜む水道のメーターで、いくつ(か)の肝心な配置の上で、50噚Bathyscapheは陶磁器の小屋、液体金属の目盛りを使います。その中の液体金属の目盛り、比較的リードして、目盛りを閉じ込めて摩耗しにくいのを表す譲って、容易に汚くなくて、かつ比較的光沢があります。いくつかの潜む水道のメーターの陶磁器が使う漆面の目盛りを閉じ込めるのより優れます。腕時計は1315の自動チップを使って、最大の技術の特徴、5日の動力(120時間)、ケイ素の空中に垂れる糸を使って、度の分銅を押さえて微調整がありません。特に5日の動力、性能は市場の豪華な潜む水道のメーターの中で、トップの水準です。1315チップは実情を伝えて、装飾は磨き上げてとても所定の位置について、上層の添え板の下層部の添え板はすべてすべて磨き上げるのがあって、全金の自動陀(自動陀が黒色被膜をした)、チップは飾って、豪華な潜む水道のメーターの中で、トップの水準です。300メートルは水を防いで、専門の潜む水道のメーターの標準に合います。

カルティエの第1枚の自制の時間単位の計算を搭載してチップを表しを積み重ねます

外観と機能の上が異なってなだけではなくて、全く新しい41ミリメートルの時間単位の計算はまた(まだ)ブランドの自制する1904―CHMC型の労働者の仕事場を搭載してチップを精製するのを表します。もしも私は間違って記憶していないで、このチップは2013年に誕生します。カルティエの第1枚の自制の時間単位の計算としてチップを表しを積み重ねて、ブランドの自制のチップの研究開発の方面の創造精神と偉大な志を体現していて、同じくカルティエの腕時計のために創作してもっと多い可能性を提供しました。

ロレックスも“盛んな刺し縫いする海の時計の殻”を使います

盛んな納海第が表の3643が一定の時間を使ったのを量産した後で、金属の曲げてくる表す耳で盛んな刺し縫いする海の3643このようなを発見して、あまり丈夫ではない。そこで改良して殻を表して、金属のかたまり状の誠実な時計の耳に変更して使用して、殻を表すのは依然としてロレックスが提供するのです。改良の後盛んな刺し縫いする海、続々と6152、6154出して、それからチップは8日の動力Angelus240手動のチップに替えて、もうロレックスのチップを使いありません。


伝統の圧迫と束縛を打ち砕きます:技術のおかしいkaFreakXの前生の今生

時間総は気をつけないでつそっと流れ去って、ポインターに似ているのが落ち着いていて時計の文字盤をかすめる普通で、一瞬目の間で、21世紀にすでに五分の一向こうへ行きました。この死去していく20年を振り返って、腕時計の世界の変化はまったくひっくり返ってひっくり返して、石英の危機を経験したことがある後で30年に機械的になり果てしない復興の長い道を表した後に、伝統はと革新してここ20年の間にすべての腕時計のブランドのすべて必ず直面しなければならない厳粛な問題になって、すべての古い専門の語彙は一般的で黄色の文献の中から再度時代に跳びはねて前列、あれらと氷のように冷たくまた現代思って十分なハイ・テクノロジーこもごも入り交じって、ロレックススーパーコピー腕時計の世界のを成し遂げてまた1度革新していました。

間金のバイカラーの1モデルの優雅な潜む水道のメーターはどのように精錬するのですか?

運動する市場の中で、潜む水道のメーターの形勢はいままでずっととても勢力が盛んで、特に紳士達、潜む水道のメーターについて本心が現れて、気に入って手放せなかったのと言えます。今年、格拉蘇蒂はオリジナルなのはまた全く新しいSeaQ金の潜む水道のメーターを出して、2種類の異なる材質で、色を製造しだして強烈な腕時計の外形を対比して、これはまた1回の全く異なる視覚が体験するのです。(腕時計の型番:1-39-11-10-90-34)


格拉蘇蒂はオリジナルは2019年に初めて“Spezialist”がシリーズSeaQ潜む水道のメーターを開拓するのを出した、私達の印象で中でいつも格拉蘇蒂はオリジナルなのが更に正装の表を重視するのが、は格拉蘇蒂は実はオリジナルが歴史の上でスポーツの表す伝統、SeaQ潜む水道のメーターがあった正に、を1969年の格拉蘇蒂の第一モデルの潜む水道のメーターSpezimaticTyp RP TS200を原本にして伝統に向って敬意を表するだと感じます。2019年から今年まで、格拉蘇蒂のオリジナルな絶えず豊富なこの製品ライン、それ表を作成する界の多いダイビングの表裏の1人の員の将軍になりました。

日常又特別オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターNekton版

潜む水道のメーターに話が及んで、現在のところの市場の上の選択は次々と現れます。しかし深く受けられますのが、オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーター、中の一つです。シンボル的な設計に頼って、同類の製品の中できんでているチップの品質が受けて友達の認可を表します。今日、私達は詳しく1枚のセイウチの300メートルの潜む水道のメーターを鑑別評定しに来ます。(型番:210.30.42.20.01.002)


この腕時計はブランドとNektonが協力する1枚の腕時計を組織するので、Nektonは一つが全世界の海洋の非利潤性海洋研究基金会を保護して管理するのに力を尽くすのです。オメガと海洋は悠久の歴史の源を持っていて、みごとにNektonとパートナーになります。

オメガにあるとように大家天文台は15000ガウスを認証して磁気を防ぎます

チュードルの青玉の湾の陶磁器型の盤面の上で、書いてMaster Chronometer字形があります。各位は発見して、オメガの盤面の上の印刷する字と同じです。これはチュードルためもオメガとと同じMaster Chronometerを獲得して認証します。ただ中国語の名前が異なって、チュードルは“大家天文台が認証する”と言ってオメガは“臻天文台まで(に)認証する”と言います


恐らく聞くプレーヤーがあって、どうしてオメガのは臻天文台に着いて、チュードルは。これはMaster Chronometerためで、スイス連邦計量科学研究院からテスト、公布する認証を行うので、誰も検査して、テストであることを送ることができに来て、テストを通じて(通って)だけが必要で、あなたにMaster Chronometer認証を公布して、時計の文字盤上で書くことができます。2015年、オメガは最初に受けて認証する名の時計をテストするのを始めるので、今チュードルは第2社が認証する名の時計を検査するのスーパーコピー時計NOOBに送るのです。

現在のところとして少ない“アワビの殻”に正装が表しを売っていて

度を知っているのを弁別するのブランドスーパーコピー服にとって、すばらしい“アワビの殻”の造型は右に出る者がなくて、アワビの殻は歴史は悠久な表す殻の造型にして、その時計の殻が平たくてまた狭くて長いため、外形はアワビにとても似ていて故に名声を得るのを回転します。前世紀60年代に広く流行っていのでことがあって、例えば欧密のナスCosmicシリーズは広く使っのでことがあります。カルティエの鍵のシリーズは腕時計がもっと多い復古を加えたためにこの造型設計、また優雅な趣を採用します。伝統の円形に比較して殻設計を表して、アワビの殻の現れた弧度は更に人間工学に合って、殻を表す形は首尾一貫していて、側辺からまるで三日月形、線のなめらかで富む動感を見ます。軽微でくねくねしている表す殻はとても良いのは計略の形に符合することができて、つける時腕時計簡単に滑ることはでき(ありえ)なくて、同時に手を切ると感じることはでき(ありえ)なくて、全体が感覚をつけるのが心地良いです。

青の風船を比較して、私はどうして更にカルティエの鍵にほれます

カルティエの鍵(CLÉ DE CARTIER)のシリーズを言い出して、多くの友達はすべて初めてのロレックススーパーコピーような気がします。それは言いふらす青の風船の高い調子がなくて、山度士の光り輝く歴史がもなくて、更に戦車とロンドンのすばらしい造型がなくて、カルティエの腕時計の中でとして感のわりに低いシリーズが存在して、鍵の風景のよく容易な布団は過ぎます。しかし、正にこの怒らないで火でない腕時計で、その多くて非常に優れている設計に頼って、依然として多くて素晴らしい場所があります。

«12345678910111213»
最近の投稿
日历
ブックマーク
Tags列表
カテゴリー

きわめて貴重なブログ。Copyright by 作者【坂木正寛】:www.qualityfirst777.site